2018年5月20日日曜日

熊蜂のくる庭


庭の薔薇が満開だ。
ツクシイバラを中心に、いつ植えたかも
わからない小さなつるばらの
ピンクと赤とが咲いている。
蜜を集めに熊蜂がぶんぶんと飛び回っている。
赤と黒がまだらのテントウムシの幼虫も
這っている。

いわゆる薔薇園にあるようなりっぱな花ではなく、
野生に近いような小さな花達だ。
次々と切り取って
テーブルの上でも楽しむ。
紫色はアルペンブルー。



ツクシイバラ には熊蜂がよく来る。






2018年4月14日土曜日

くさ餅 (よもぎ餅 蓬)

蓬 (よもぎ)


くさ餅(よもぎ餅)


散歩の時、土手に蓬の群生を見つけた。
少しいただいて、くさ餅にすることに。

蓬をソーダを加えたお湯で茹でる。
買い置きの四角い餅をふかし、
蓬と餅を搗き混ぜた。
手でまるめ小さな「くさ餅」の出来上がり。
お皿の真ん中に切った餅を置いたので
緑の濃さがわかるでしょう。

砂糖を少し加えたので、柔らかい「くさ餅」を
そのままお昼にしました。
春って草を食べたくなるのです、
つわぶきの新芽、山椒の葉、たけのこ、
自分が動物であることを実感しますねー。



2018年3月29日木曜日

桜 と トウダイグサ 

桜 と 一面のトウダイグサの黄色
 
トウダイグサ

 
畑にかかっている桜は (ソメイヨシノ)。
黄色く見えるのは( トウダイグサ)である。
作物を植えていない畑を覆いつくしているのだ。
 
 
 
 
しだれ桜
 

      桃の花が遠くにみえた。 




 

いぬふぐり風は切株越えてくる     美代

2018年3月17日土曜日

今朝の 花木

馬酔木

桜 (種はわからず)

白モクレン

桜(種はわからず)


みつばつつじ

1時間の散歩で観た「花木」です。
もう満開。ソメイヨシノが咲くのももうすぐです。


三月の光をたんと土の穴     美代


2018年3月14日水曜日

猫柳


猫柳は雌雄異株らしい。
私の浅い知識では、
蕾に絹状の白毛を密生していることから
これは雄株だと思う。
雌株は蕾の先端が二つに岐れ、黄色味を
おびているという。
触ると、まるで猫の毛を撫でている感触がする。
いつもの境内にも、いろいろな花芽がつきだした。

2018年3月3日土曜日

散歩道 の 四季

 
 
 
 
 
 
 
 
毎日の散歩道である。
くぬぎ林であるが、秋、根本に枯れ枝を束ねているのが
不思議だった。
枝が飛び散らない事と
虫達をそこへ集めているらしいと分かった。
棲み処があると、他に悪さはしないらしい。
今はもう春。
蔭が濃くなるのもすぐだ。
 
 
春風や慣れたる道も旅のごと      美代子
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年2月26日月曜日

手まり寿司

(クリックすると大きく見えます)
    
久しぶりに集まったので、孫と一緒に手まり寿司を作ることにした。
それぞれ個性的な色合わせで楽しんでいると思ったが、
 「早く手巻き寿司にして食べようぜ」との声で終わり。
以外と手間がかかるものだった。

 サーモン、
 イカ
 まぐろ
 いり卵
 鰯の酢づけ
 きゅうり
 でんぶ

作り方
  サランラップに具を乗せ、
 その上に小さな団子状のおにぎりを置く。
 サランラップを茶巾しぼりの要領で締め
 形を整える。

こうやって見ると春らしい彩りで美味しそうだ。
又 つくりたいなあ。

2018年2月16日金曜日

ターサイ


友人から頂いた野菜 ターサイ。
まるでリボンを重ねた花のようだ。
直径40センチの大きさ、
葉の一枚一枚を剥がすというより、
芯から葉をつけたまま切っていく。
炒めるとどの部分も同じように柔らかい。
だから一つの株を1,2回で食べてしまった程だ。
鮮やかな緑を堪能した。



2018年1月25日木曜日

雪だるま



22日、思いもかけず午後から雪が降り始めた。
前日21日は小春日和で渋谷まで出かけたというのに。
翌日23日の朝は10センチほど積もって、
2軒先にはさっそく雪だるまが作られていた。
子供の少ないこの地域で、
高校生がいらっしゃるお宅の前だった。
さすがによくできている雪だるまだ。

帽子は器、
目はガラス玉、
鼻はにんじん。
前ボタンは栄養ドリンクのふたのようだ。
そういえば以前は土で作った大きなシーサーが
並べてあった。
なんだかうれしい通りになった。


2018年1月19日金曜日

干し大根

短冊に切って干した大根
 
 
                3,4日干した大根、  柚子


大根を頂いたので干し大根を作った。
母を思い出す日向の匂い。
カリカリに干しあがった大根は平温でも保存がきく。
よく乾いて、大きさも三分の一程度に縮んだ。

大根を煮るのと、干し大根を煮るのでは
まるで味が違うのだ。
水に浸して柔らかくしてから鶏肉と厚揚げと煮る。
出汁と醤油が染みた深い味わいを久しぶりにいただいた。