2018年2月16日金曜日

ターサイ


友人から頂いた野菜 ターサイ。
まるでリボンを重ねた花のようだ。
直径40センチの大きさ、
葉の一枚一枚を剥がすというより、
芯から葉をつけたまま切っていく。
炒めるとどの部分も同じように柔らかい。
だから一つの株を1,2回で食べてしまった程だ。
鮮やかな緑を堪能した。



2018年1月25日木曜日

雪だるま



22日、思いもかけず午後から雪が降り始めた。
前日21日は小春日和で渋谷まで出かけたというのに。
翌日23日の朝は10センチほど積もって、
2軒先にはさっそく雪だるまが作られていた。
子供の少ないこの地域で、
高校生がいらっしゃるお宅の前だった。
さすがによくできている雪だるまだ。

帽子は器、
目はガラス玉、
鼻はにんじん。
前ボタンは栄養ドリンクのふたのようだ。
そういえば以前は土で作った大きなシーサーが
並べてあった。
なんだかうれしい通りになった。


2018年1月19日金曜日

干し大根

短冊に切って干した大根
 
 
                3,4日干した大根、  柚子


大根を頂いたので干し大根を作った。
母を思い出す日向の匂い。
カリカリに干しあがった大根は平温でも保存がきく。
よく乾いて、大きさも三分の一程度に縮んだ。

大根を煮るのと、干し大根を煮るのでは
まるで味が違うのだ。
水に浸して柔らかくしてから鶏肉と厚揚げと煮る。
出汁と醤油が染みた深い味わいを久しぶりにいただいた。




         

2018年1月16日火曜日

蠟梅


あまりにも眩しくてレンズが重い。
蝋梅の林の中に紛れ込んだ。
数十本の蝋梅は盛りの香を放っている。
日差しが蝋梅の花びらを透けて、何倍もの光だ。
歩いた歩数1万4千歩、4時間の道行きだった。


2018年1月1日月曜日

新春 2018年

(自作の土鈴 戌)

今年もよろしくお願いします。
年をとるにつれて月日が流れるのが早いですね。
この犬を作成してから2回目の犬年になります。
師匠が愛知県瀬戸市にいらしたので、作り方を習いにいきました。
型を作り、粘土を流しいれ、良い処で取り出し
焼成窯で焼き、中は空洞になっている本格派なのです。
私も去年古稀を迎えました。
12年後は82歳、その時も飾れるように
健康でいたいと思います。

祈る事一つに決めて初明かり    美代



2017年12月27日水曜日

年の瀬


靴箱の整理をしてみると、出てくる出て来る夫の靴。
この靴を履いて働いてくれたのだ。
。。それにしても多すぎる・・・
背広を着ない生活になって、この靴も履かなくなった。
処分する前に磨いてあげましょう。






2017年12月3日日曜日

ヒヨドリジョウゴ の実



藪から出ていた 「ヒヨドリジョウゴの実」
まるで宝石のように輝いている。
毎年この辺りと、見当をつけて見にいくと やはり居てくれた。
輝きを増しているようだ。

その根元は深くてどこかわからない。
粒が房になって下がったり、一粒だけ離れていたりと色々な姿をみせてくれる。
寒さに歩く途中、ぽっと暖かくなる瞬間である。



2017年11月25日土曜日

レモン 檸檬

すだち、小柚子、レモン
友人からの箸置き


鉢植えのレモンがこんなに大きくなった。
高さ14センチ、幅12センチ ずしりと重い。
レモンと値札に書いてあったから買ったのだが、レモンらしい香りはしないし大きすぎる。
こんなレモンもあるのだろうと思うしかない。
それで、マーマレードを作ることにした。
苦いので3度茹でこぼす。
その後砂糖を加えてしばらく煮るとできあがり。
家人には、すこぶる評判が良く、このレモンもやっと役目を果たしてくれたようだ。
めでたし!




2017年8月31日木曜日

ぶどうの収穫

 
 
虫に食われる前に一つ収穫。
長さ約25センチ、大粒で甘い!
肥料も虫よけの薬も撒かず、この出来だ。
満足満足・・・。

他の二つはまだ青いので次の収穫は先だ。
こんなことが楽しみなのである。


2017年7月8日土曜日

青ぶどう


我が家の青ぶどう。

受粉がうまくいかなかったのか粒が揃っていない。

葉が密集して、しかも低い棚には虫が寄り付かなかったようだ。

一応「巨峰」なので約30センチの長さがあるが、貧弱な房になり葡萄に、申し訳ない気がする。



  葉を透かす風のきらきら青ぶどう