2018年6月13日水曜日

夏の果物


届いた果物、なんと11種類もある。
どれから頂こうかなと迷うほどだ。

こういう時、一番先に好物を食べるか
好物は最後にするのか、その人の人生観が垣間見える。
若いころは、たしか好物は後の方・・だった。
大事にとっておきたかった。

ところが今は違う。
一日一生、いつ終わりが来るかもしれないと
思える年齢になってからは
最初に好きなものを頂く。
さて 何にしよう!!



2018年6月8日金曜日

ノシメトンボ 2


今年も我が家へやってきました。
熨斗目とんぼ(ノシメトンボ)の翅の美しいこと。
透き通っている翅の先に
黒い模様が付いている。
4年程前の7月に載せたことがあるが、
それより2か月近く早い。
羽化したばかりなのか長く留まっている。
翅を乾かしているようにもみえた。

ノシメというと 熨斗目 と書く能の小袖を思い出すが
このトンボの名前の由来も、そこから来たのだろうか。


2018年5月20日日曜日

熊蜂のくる庭


庭の薔薇が満開だ。
ツクシイバラを中心に、いつ植えたかも
わからない小さなつるばらの
ピンクと赤とが咲いている。
蜜を集めに熊蜂がぶんぶんと飛び回っている。
赤と黒がまだらのテントウムシの幼虫も
這っている。

いわゆる薔薇園にあるようなりっぱな花ではなく、
野生に近いような小さな花達だ。
次々と切り取って
テーブルの上でも楽しむ。
紫色はアルペンブルー。



ツクシイバラ には熊蜂がよく来る。






2018年4月14日土曜日

くさ餅 (よもぎ餅 蓬)

蓬 (よもぎ)


くさ餅(よもぎ餅)


散歩の時、土手に蓬の群生を見つけた。
少しいただいて、くさ餅にすることに。

蓬をソーダを加えたお湯で茹でる。
買い置きの四角い餅をふかし、
蓬と餅を搗き混ぜた。
手でまるめ小さな「くさ餅」の出来上がり。
お皿の真ん中に切った餅を置いたので
緑の濃さがわかるでしょう。

砂糖を少し加えたので、柔らかい「くさ餅」を
そのままお昼にしました。
春って草を食べたくなるのです、
つわぶきの新芽、山椒の葉、たけのこ、
自分が動物であることを実感しますねー。



2018年3月29日木曜日

桜 と トウダイグサ 

桜 と 一面のトウダイグサの黄色
 
トウダイグサ

 
畑にかかっている桜は (ソメイヨシノ)。
黄色く見えるのは( トウダイグサ)である。
作物を植えていない畑を覆いつくしているのだ。
 
 
 
 
しだれ桜
 

      桃の花が遠くにみえた。 




 

いぬふぐり風は切株越えてくる     美代

2018年3月17日土曜日

今朝の 花木

馬酔木

桜 (種はわからず)

白モクレン

桜(種はわからず)


みつばつつじ

1時間の散歩で観た「花木」です。
もう満開。ソメイヨシノが咲くのももうすぐです。


三月の光をたんと土の穴     美代


2018年3月14日水曜日

猫柳


猫柳は雌雄異株らしい。
私の浅い知識では、
蕾に絹状の白毛を密生していることから
これは雄株だと思う。
雌株は蕾の先端が二つに岐れ、黄色味を
おびているという。
触ると、まるで猫の毛を撫でている感触がする。
いつもの境内にも、いろいろな花芽がつきだした。

2018年3月3日土曜日

散歩道 の 四季

 
 
 
 
 
 
 
 
毎日の散歩道である。
くぬぎ林であるが、秋、根本に枯れ枝を束ねているのが
不思議だった。
枝が飛び散らない事と
虫達をそこへ集めているらしいと分かった。
棲み処があると、他に悪さはしないらしい。
今はもう春。
蔭が濃くなるのもすぐだ。
 
 
春風や慣れたる道も旅のごと      美代子
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年2月26日月曜日

手まり寿司

(クリックすると大きく見えます)
    
久しぶりに集まったので、孫と一緒に手まり寿司を作ることにした。
それぞれ個性的な色合わせで楽しんでいると思ったが、
 「早く手巻き寿司にして食べようぜ」との声で終わり。
以外と手間がかかるものだった。

 サーモン、
 イカ
 まぐろ
 いり卵
 鰯の酢づけ
 きゅうり
 でんぶ

作り方
  サランラップに具を乗せ、
 その上に小さな団子状のおにぎりを置く。
 サランラップを茶巾しぼりの要領で締め
 形を整える。

こうやって見ると春らしい彩りで美味しそうだ。
又 つくりたいなあ。

2018年2月16日金曜日

ターサイ


友人から頂いた野菜 ターサイ。
まるでリボンを重ねた花のようだ。
直径40センチの大きさ、
葉の一枚一枚を剥がすというより、
芯から葉をつけたまま切っていく。
炒めるとどの部分も同じように柔らかい。
だから一つの株を1,2回で食べてしまった程だ。
鮮やかな緑を堪能した。