2024年2月24日土曜日

グレープフルーツ、皇居、鰯

 友人宅の庭に生った「グレープフルーツ」。大きさも市販の物と変わらない。出来るものですね。お味はあの甘酸っぱさでした。


   皇居坂下門  紅葉の通り抜けの時の写真。
出てきた門の名は失念しました。
皇居のお堀



 
富山の「鰯」かもしれない。豊漁が続き海に捨ててくるというのだから、勿体ない話である。

数年前の皇居の写真。紅葉の通り抜けの時の写真である。
実は、私の義父(夫の父)、実父もその内側まで入ったことがあるのだ。義父は勲章受章の為、実父は宮内庁に勤めている知人の案内で、入った事がある。実父の時は、皇宮警察の方が一人付いて周ったらしい。その方はたまたま同郷出身の若い方で、話すとその親を知っている間柄、「おお、〇さんの息子か!」という事になったらしい。 偶然か、知人の計らいなのか、なんともほほえましい話だった。


啓蟄の雨音も無く土濡らす  miyo

2024年2月18日日曜日

すずかけの木、散歩道いろいろ、


1. 散歩道の一つに「尾根道」がある。私が付けた名前だ。 

車1台が通る程の狭い道に、簡易郵便局があり、少し下の新しい2車線道路からは見えない位置だ。約30年前、ここに移ってきた時には、並んで役場跡の石碑、雑貨屋、呉服屋、鍛冶屋、米屋等がまだ現役でかたまって営業していた。三叉路には八王子街道という石の道標もあり、絹の道とも呼ばれる街道だった。今は、郵便局を除いて跡形もなく店は消えてしまった。その昔、馬車や村人で賑わっていただろうこの狭い道路は、両側の建物からは少し小高くなっており、「尾根道」と名づけたのだった。小学校の校庭にすずかけの木が実をつけていた。

   (簡易郵便局付近から観た大山。 拡大してます)

2,「猫道」 名前の通り、野良猫たちがたむろしている通りだ。

3,「オレンジロード」 オレンジの木が有る訳では無い。あるお宅の玄関先に「小田原蜜柑」が1袋200円で売られている。温州ミカンとしか認識していなかった者にとって、「早生蜜柑」「青島」「大津」と種類に分け説明文をつけて売られているのが珍しく、寄り道して買ってしまう道だ。

4,「豚坂」 大きな豚小屋がある。飼育工場とでもいうべき大豚小屋だ。近づくと時折、餌の時間なのか、売られて行く時間なのかキーキーと騒がしい道。

5,「畔道」 田んぼへと下り、早苗の時から、収穫まで、見回っている御馴染みの道。

このように、散歩道もいろいろある。今日はどのコースにしましょうか。


辛夷咲く古地図に太き峠道   miyo

2024年2月16日金曜日

フキノトウ、文旦、水羊羹

I さんから頂いた「ふきのとう」。さっそく味噌であえた。春の香りと苦味が少しあった。

「文旦」。左手前はレモン。息子が贈ってくれたものだ。ありがたいけれど、いつか言わなければならない。血圧降下剤を服用していると、この種の蜜柑は食べない方が良いらしいという事を。レモン、柚子は食べても良いらしい。

季節はずれの「水羊羹」だが、お正月に買っておいた「餡」を消費したくて作ってみた。半分は Iさんへ差し上げる事に。粉末寒天があれば、何でも固める事が出来るから便利だ。

(2011年に作った野菜の寒天寄せ)少し崩れて残念。

風が強い日もあるが、日差しは柔らかく春らしくなってきた。こんな日は少し足を伸ばして梅を観にいきたいと思うが、近所の紅梅、白梅で満足してしまう。ちょっと体力落ちたかもしれない。


散り尽くし山茶花もとの静かな木   miyo

2024年2月8日木曜日

春の雪、芋餅、木立マリーゴールド

大山にも雪が降り、二日目もうっすらと残っている。


「芋餅」。お飾りにしていた小さな鏡餅と、さつま芋とを柔らかく蒸して、突き混ぜて作った。ほんの少し二人で頂くには丁度良い量だった。きな粉をかけて頂く。

引き出しの奥から、以前友人から頂いた花の種が出てきた。大事に仕舞って、種を蒔く頃には忘れてしまっていたのだ。今年は忘れないようにしよう。
 


春浅し死ぬを話せる二人なり   miyo

2024年1月27日土曜日

玉虫の翅、冬木の芽

日本にはタマムシの仲間が約200種類いるそうだ。法隆寺にある国宝・玉虫厨子は玉虫の翅鞘(ししょう)が使われていることでも有名。 
 散歩の折、石段の上に玉虫の翅を見つけた。正確に言うと、玉虫の背の左右の翅鞘の内の1片が落ちていたのだ。過去何度か拾ったのもこの辺りだった。記憶では、頭上にはエゴの木、椿、桜等があるが、どちらかの木の葉が好きなのだろう。甲殻類の甲羅のように玉虫の翅(内側に柔らかい翅がもう一枚あるようだ)は、硬くツヤツヤしている。今度も本体(中身)は無く、翅梢のみだった。硬い殻は虫や鳥達にも食べられないのだろう。生きている時と変わらない色。
拾って帽子に挿した。日射しに応えて光るのだ。カッコイイ!・と思っている。
下線の部分は間違いを直しました。スミマセン

知っている筈の木の名前がでてこない。一日置いて思い出した。「ドウダンツツジ」の冬芽のようですね。


   玉虫の一欠片にも冬日濃し   miyo

2016,8,1 ブログに載せている句
   玉虫の金属武装する途中  miyo
        玉虫の己が死知らぬ色あわれ  miyo

2024年1月25日木曜日

晩白柚、紅梅、蝋梅

  晩白柚(ばんぺいゆ)「熊本産」、胴回り60cm、直径22cm、誰かのウエストサイズと同じくらいあるでしょう。高級品。頂き物で私も手にする事ができました。

 中を割ると、皮の厚み4cm、実の部分は夏ミカン程の大きさ。味は爽やかな甘さ、それも程よく濃くもなかった。これは、皮を主に使う事で知られている。皮を干して砂糖で煮ると、お土産で売られている砂糖漬けになるらしい。


「緑の大根おろし」、頂き物の大根をすぐに擦ってみると、なんと「緑色」。二人とも大好きな大根おろしを、毎日頂くことができるのです。ありがとう!

お寺の紅梅が満開になっていた。青空と紅梅がよくマッチしていた。

蝋梅も満開、この辺りでは、畑のそばにも植えてあった。

こうして「頂き物」で今年も始まりました。頂いたり、差し上げたりが無理なく、おすそ分けが出来る友人たち、感謝して今年もよろしくお願いします。


友垣の間合い程よき春隣    miyo 

2024年1月19日金曜日

どんど焼き

      1月14日 午前9時
     書初めの習字の紙が空に舞うのを待っていた。
     いよいよ火が付けられた。
     二人の男性が、書初めを吊っていた棒を火にかざした。
       書初めは焼けて、大空へ舞い上がって行った。

ざっと100人程の参加、このあと、お酒、火に焼く団子、いろいろ楽しめる物が配られているようだった。

この近所の地区のどんど焼きに、我が家の正月飾りを一緒に焼いてもらおうと、少しの御祝儀を包んで行った。高く組まれた竹の中に、我が家のそれも入れてもらった。空へ煙と共に舞い上がるのを見届け、一年の家内安全を祈って帰った。

(PCの不調により、しばらくお休みしました。)


どんど火に習字の文字も舞い上がる   miyo

2024年1月1日月曜日

謹賀新年 2024年


明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

「やあ、今年は暖かいお正月だけど、岩手の方はどうだい?」待っていた街の友人たちが聞くと、みちのくの友は、繭から作られた小さな辰のお土産を配りながら、「雪は積もっているよ。」と元気に答えました。いつもニコニコとして穏やかな彼を囲むと一気に場が和むのでした。


辰の土鈴は、24年も前に作ったものです。石膏で型を作って粘土を流し込み、型抜きした辰を焼成するまで、小さいけれど時間を要するものでした。よく作ってきたなあと、体が動かなくなった今では懐かしい物の一つになりました。


 
万両、千両、南天、つわぶき、水仙の葉、 

今年も庭の花から始まりました。どのくらい活けられるでしょうか。


   平凡は幸せと知る去年今年   miyo 

2023年12月23日土曜日

アブチロン(チャイニーズらんたん)、山茶花

庭の花も、ひと通り終わった。アブチロンだけが、赤い花を咲かせてくれる。目立たない小さな花のようで、しぶとい。どんどん伸び2mを越えた高さ(2mの所で棒につなぎ止めている)から、地面につくまで垂れ下がっている。地面に着くと、しばらくしてそこから根が出て来る。ひょっとしたら、一番手強い花かもしれない。

山茶花の咲きようは、おしゃべりに夢中で時間さえも忘れてしまう楽しい女の人のようだ。下に花びらを散らして尚も咲き続けている。ご苦労様ですこんなに咲いて、一生懸命生きているのね。

今年もお世話になりました。拙いブログですが、お付き合い頂きまして有難うございます。
来年もよろしくお願いします。

散り初めて山茶花いよよ佳境へと    miyo

2023年12月15日金曜日

冬の庭、千両、フジバカマ切り株

石蕗の花(黄色)、アラムイタリクム(左の斑入り葉),石蕗の葉(丸い葉)

アブチロン今年も良く咲いてくれました。一年を通して赤い花をつけます。

千両の実が付くと、網をかぶせておきます。鳥がねらってピーピー鳴く。


手前フジバカマを伐ってしまうと、根本は、ほんの6,7本。あんなに広がって咲き誇っていたのに。後ろ切り口のある株→モミジアオイ。

アヤメを伐って三つ編みにしてリースを作りました。切り株はこの通り。

庭の花も整理して、仕事を減らそうとしている。しかし、宿根草の宿命で、季節が来ると又芽をだすのだ。芽が出ると、処分するのは花が咲くまで待とうと思う。それでとりとめもない庭になっている。      庭には毎年出てくる「紫蘇」もあるが、最後まで虫に喰われたことは無い。無農薬でも、我が庭には強い味方がいるのだ。「カマキリ様」である!。必ず年に1度は姿を見せる。棒の先に卵を産み付けた事もある。きっと彼(彼女?)が、害虫を退治してくれていると信じている。

子を宿す腹ふっくらと枯蟷螂  miyo
(冬のカマキリの事)